2013年01月14日

整形靴セミナーを見てきた ハンマートゥ改善のためのコレクトールオーテーゼ製作を見てみようpart2 作り方を動画で見よう

2013年1月に行われた整形靴セミナー中級

本講座は、既製靴を用いて整形外科的な補正調整を行うための知識とテクニックを得るためのものです。
 下肢の解剖生理や歩行、足トラブルの原因、状態、対処方法など理論的に学習し、整形外科的な靴補正調整を実践的に行います。
 但し、私達は民間の靴事業者であるため、医療業種との法的境界線と範疇を深く理解し、結果的には整形外科的な靴であっても、そのアプローチは、あくまでも靴事業者としてのシューフィッティングと履き心地の良い靴作りを目的に学習するものです。


この中で行われたコレクトールオーテーゼという矯正具の作り方を今回は見てみましょう。

1301seikei12.jpg

作り方を動画でまとめてみました。





1301collect0102.jpg

古瀬先生、この矯正具はどれくらいの日数つけるものなの?

「2年ほどつけますね。
夜寝るときは外してokですよ」

2年!
長いなぁ。痛くないの?

「痛くありません。
でも煩わしいので途中で面倒臭がってつけるのを辞める人もいるのですが、
そうすると逆戻りです(-_-;)」

あきませんやん(~_~;)
費用はいくら位?

「今回のは場所にもよりますが1〜2万ほどかかります。
でも汎用性の高いものでしたらもっと安いですね。
この技法はよっぽどひどい症例の人にしか行いません。

ハンマートゥは初期でしたら自分の努力で改善されます。
お風呂でマッサージするとか足指体操をするなどでかなりましになりますよ。
でも放置すると神経に障り激痛を伴うまでに悪化します!

この症例は大人のみならずコドモにも生じますので注意が必要ですね。

ドイツのマイスター学校ではこういう医療知識なども学び、その上で靴のマイスターを習得できます。

私のセミナーではこういう知識もきちんと教えますので靴で食べていきたい・現在靴メーカーで
食べている、という人にも是非聞いてもらいたいです」

とのことでした☆


NPO法人シューネクストは靴の技術伝承・靴業界の活性化を願って作られた大阪のNPO法人です。
興味ある方は是非HPを御覧ください。

また、「将来靴業界で働きたい」「現在違う職種だが将来靴業界に興味ある」という方から
「趣味で靴を作ってみたい」という方までお問い合わせくださいな

特定非営利活動法人 靴産業を元気にする熱烈サポーター シューネクスト | HOME
タグ:古瀬先生
posted by しゅーねくすと at 00:00| Comment(0) | レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。